シミの恐怖は朝一から始まります

アラフォーと言われる年代に入り、他人の肌と自分の肌の透明感を妙に気にするようになっている今日この頃です。友人と会えば、その人の顔にどれくらいシミがあるのだろうと関心をもってしまい、またTVに映る女優さんを見ては「いったいどれだけシミを隠してTVに出ているんだろう」と疑心暗鬼の目で見てしまいます。これは裏返すと、明らかに自分の顔にシミが増えてきていることへの恐怖心からきていると言えるでしょう。

普段の生活ではビタミン接種を心がけたり、ストレスを減らすよう運動をしたり、また錠剤に頼ってシミ減少を図ったりと、様々な手段でシミと闘っている私ですが、ある日大変重要なことに気付いたのです。それは睡眠の質によりシミが朝にどれだけ顔面に浮き出ているかが左右されている、ということです。

先日、台風の影響でなかなか眠りにつけず翌朝は睡眠不足で起きた時のことです。なんと鏡の前にいた私の顔にはシミが明らかに増加していたのです。もちろん、これはきっと普段は皮膚下に隠れているシミであり、突如できたシミでないのは明らかだと思います。しかし、大切なのは私の顔にどれだけシミが実際に出ているか、なのです。その日の私の顔はあまりにも恐ろしく、外出するのを躊躇してしまうくらいでした。

この体験より、私は潜んでいるシミがどのタイミングで皮膚表面にすぐに現れるかということを学びました。睡眠不足はシミには明らかにマイナスですね。気を付けないといけませんね。
http://xn--qck9b2dza2fr84v1gpylo.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)